通販での医薬品購入の安全性についてのあれこれ

医薬品を通販で購入できるのか?

通販で購入した医薬品の返品

通販で医薬品を買った時のアフターケアとして気になるのは、商品そのものの取り扱いです。
例えば,医薬品の通販を取り扱うことは薬剤師ではなくても登録販売者であれば販売することができます。
その為、大手通販サイトも市販の風邪薬などを取り扱っていますが、近年ではドラッグストアも通販サービスを展開しています。
このように、医薬品を通販で販売できるということは、特に医薬品が特別扱いされる商品ではないことを意味しますので、もちろん返品の相談も受け付けているということになります。
もちろん、未使用の品であることなど、通常の返品可否の規則に沿ってアフターケアも適用されます。
購入明細書の有無も確認して、何か問題があれば返品の問い合わせをしてみることは、何も難しい問題ではありません。

注意事項を確認しておくこと

通販を通して手に入れた医薬品の返品については、注意点もあります。
それは、正しい用法を守って使用していたのかという点にあります。
特に医薬品の場合、消費者に対して薬の副作用や注意事項などを明記することが販売者には求められています。
そのような記載を無視して、自己流に用いた場合に生じた不都合については、使用者の責任になるということは当然の話であるといえます。
例えば、妊娠中の人に対する注意事項など医薬品の副作用や但し書きは事細かく記載されています。
これらを読むことは正直な感想として、面倒であると感じることもあるかもしれません。
しかし、手軽に手に入るからといっても医薬品が人体に影響を及ぼすものであることには変わりありません。
手軽さにかこつけて、そういった当たり前の確認を怠らないようにしておきましょう。


この記事をシェアする