通販での医薬品購入の安全性についてのあれこれ

医薬品の相談は受け付けてくれるのか?

医薬品に関する相談について

医薬品を購入する際に、その医薬品の副作用の有無や度合い、自分への適用の可否などは自分だけでは判断できないこともあるでしょう。
そういったとき、ドラッグストアであれば常駐する薬剤師に気軽に相談することができます。
では、通販で購入する際に、購入を検討する医薬品に関する相談は受け付けてくれるのでしょうか?
結論からみると、大抵の場合受け付けてくれています。
もちろん、登録販売者のみで営業している業者には難しいかもしれませんが、大手のドラッグストアが手掛ける通販サービスでは、購入前の相談も、購入後の相談も可能です。
このように考えると、自分が利用する通販が薬剤師を抱えているかなど、どういった業者であるのかを確認しておくと、後々困ることも少ないといえるでしょう。

対面がないからこそしやすい相談

ドラッグストアで薬剤師に相談できるというのは、面と向かって話ができる分、自分が聞きたいことを全てその場で聞けるというメリットがあります。
しかし、一方では、例えば生理用品の使用に関する相談や男女のデリケートゾーンに使用する医薬品などの場合、人によっては面と向かって相談することが恥ずかしいと感じてしますでしょう。
こういった時に、通販で医薬品を購入した後の相談では、直接あって話をするわけではなく、メールなどを通して相談できるという点にメリットが見出せます。
もちろん、メールを通じて相談する分、一回の相談で聞ける情報には限りがありますが、疑問に思うことは全て聞けるということも強みとしてあります。
通販で医薬品を購入したあとに、疑問があれば遠慮なく問い合わせしてみましょう。


この記事をシェアする