通販での医薬品購入の安全性についてのあれこれ

悪質な販売業者にはご用心

通販で医薬品を買うことのデメリット

通販で医薬品を購入できるようになったことは、確かに便利なことです。
しかし、その一方で問題が全くないわけではありません。
例えば、安全性についての問題点としては、登録販売業者が管理する医薬品を購入する場合、その医薬品がどれほど安全なものなのか厳密に確認できないという問題があります。
というのも、販売するために必要事項を登録する業者の中には、商品の管理までは業者自身によって徹底されていない場合もあります。
そういった業者の中には、海外で流通する医薬品を意図的に扱っている場合もあります。
このような海外で流通する医薬品の中には、日本国内で未認可のものも存在します。
現在の日本国内の薬事法では、未認可の医薬品の使用は当然違法となります。
また、副作用の有無など、消費者に提示しなければいけない情報をしっかりと伝える業者であれば問題ありませんが、業者の中には必要情報を提示しない悪質な業者も存在するそうです。

自己防衛の徹底

海外で流通する医薬品の内、国内で未認可のものを取り扱うことは当然認められていません。
しかし、「個人輸入代行」などと称して、意図的にそのような医薬品を扱う業者も中には存在します。
厚生労働省の出した声明文書によれば、国内では違法となる医薬品を購入してしまった場合、購入者の責任についても追及される可能性があると示されています。
つまり、通販で医薬品を購入する際に、悪質な業者に出会ってしまっては、アフターケアも何も受けられず、何らかの罰則を購入者も受けてしまうかもしれないということになります。
通販で医薬品を購入できるようになったことは、便利さが増した反面、このようなリスクもはらんでいるといえます。
そういった意味では、購入者自身が自分のみを自分で守れるようにしておくことが必要だといえるでしょう。


この記事をシェアする